のびのびとした自由な校風

勉強道具

国立中高一貫校である名大附は、地域でも人気の高い学校の一つです。名大附の試験は検査と呼ばれ、いわゆる中学受験のような特殊な内容ではありません。誰にでもチャンスはあるのです。学校生活は実践的授業や課外授業などが積極的に行われ、偏差値重視ではないのびのびとした学校生活が人気の理由となっています。

高校へ向けての学習

女子学生

子供が学びやすい方法

高校受験を目指している中学生であれば、塾よりも家庭教師に勉強を習った方が効率的です。特に遠方の高校に通っている場合、学校からの帰宅後に塾に通うのは時間を消費するだけですから家庭教師に自宅に来てもらいましょう。中学生が家庭教師に勉強習えば、完全に自分のペースに応じて授業を進めてもらえます。人によって特定の科目で躓いてしまうポイントは異なりますが、マンツーマン授業の家庭教師であればそれを克服してから先に進めるのです。中学生にこうした教師をつける際は、学歴に注目してみましょう。特定の高校や大学を目指している中学生であれば、そこに通った経験がある人を家庭教師に探し出すことが大切です。受験対策を教えてもらえます。また中学生は親や友達との関係で思い悩みやすい年齢ですから、相談に乗ってくれるような人を見出すことで勉強も捗ります。メンタルケアができるような家庭教師であれば、日常思い悩んでいることも解消してもらえるため子供のためになります。こうした家庭教師は中学生の両親とも密接に関われるため、両親が気になっている子供の問題について話し合えるのも魅力的です。家庭教師は個人で仕事を募集してる人を探し出すか、派遣業者に依頼して見つけることができます。派遣であれば両親がどのような人を求めているのか事前に話し合えますから、性別だけでなく家庭教師の実績なども希望にそった人が見つかるでしょう。また派遣の場合はお給料に関して揉めることが少ないのが優れています。

難関学部へ合格する方法

勉強

国立大学の医学部は授業料が安いため、多くの受験生が目指します。国立大学は受験科目が多いので、カリキュラムの充実した予備校に通った方が有利です。評判の良い予備校は正確な受験情報が多く、優秀な生徒が集まります。目的が同じなのでお互いに切磋琢磨してモチベーションを高めることができます。

苦手科目を克服するには

教師と学生

中学受験に算数はつきものですが、これを苦手科目としている生徒も少なくありません。算数は思考力やひらめきが試されますが、地道な計算練習をしっかり行う必要があります。また思考力をつけるためには、自分よりややレベルの高い問題を工夫しながら解かせると良いでしょう。